農作業中の熱中症に注意しましょう!

更新日:2018年08月01日

農作業中の熱中症による死亡事故は、7~8月に全体の83%が発生しており、特に高齢の方が屋外で作業を行う場合に多発しています。
年齢を重ねると暑さや水分不足に対する感覚機能が低下し、暑さに対する身体の調整機能も低下しています。
自分の体調の変化に気を付け、暑さの抵抗力に合わせて、万全の予防を心掛けしましょう。
のどの渇きを感じていなくてもこまめな水分補給をしたり、暑さを感じなくても日陰等を利用し、こまめな休憩をとるよう心掛けましょう。
一人作業を極力避け、二人以上での作業を心掛けましょう。熱中症の予防を呼びかけ合うことで、熱中症の発生を防ぐことができます。

この記事に関するお問合せ先

伊吹庁舎 経済環境部 農政課

電話:0749-58-2228
ファックス:0749-58-1719

メールフォームによるお問合せ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。