ページの先頭です

平成29年11月市長訓示(要旨)

[2017年11月14日]

11月1日(水曜日)

 皆さんおはようございます。いよいよ11月ということで、今年もあと2か月になりました。

 まず、先月1日には地域の公共交通システムが新たに「まいちゃん号」として一体化し出発することができました。このシステムについては、これから成果を検証しなければならない時期を迎えますが、利用者の皆さんの声をお聴きしますと比較的好評のようです。職員のみなさんがさまざまな課題に対応していただいたことに対しお礼を申し上げたいと思います。

 前半には、区民運動会やフェスティバル、さらには米原市独自の太鼓踊りや曳山祭りといった催しが開催され、私自身もできるだけ参加し、挨拶に参りました。これも例年のことですが、参加人数が全体として徐々に減っている状態の中で、地域での繋がりや寄り合いの方法について新しい議論が必要ではないかと感じたところです。

 中頃には、第11回全国水源の里シンポジウムを米原市で開催することができました。全国水源の里連絡協議会会長の綾部市長からお礼の御挨拶をいただき、大変名誉に感じています。水源の里の仲間たちと議論をし、いろいろな事例を出し合う中で、本来の暮らしの現場である農山村に価値があり、大きな資源があることに気づかされました。このことを市の個性として打ち出すことによって評価を高められるのではないかと思います。

 16日には岡田副市長に就任していただきました。しがらみのない有能なリーダーを迎えて、これから新しいチャレンジが進むのではないか、新しい気づきを得られるのではないかと期待をしています。みんなで一緒に議論をして、新しい次のステップを踏み出したいと思います。

 22日には朝6時過ぎから選挙事務に関わっていただき、夜には開票作業、そして台風21号に対する災害の警戒と対策本部など、みなさんには多大な緊張感の中で仕事をしていただきました。おかげさまで大きな被害はありませんでした。改めて関係者、特に防災関係、土木関係の職員の皆さんには、大変危険な状態の中で職務を遂行していただきましたことに対しまして、心から敬意を表しお礼申し上げます。

 10月5日、6日には岩沼市で全国介護サミットがありました。私は毎年足を運んでいるのですが、今年も参加し、さまざまな議論をしました。こんにちの全国介護サミットで議論になっているのは地域社会のことです。家族も含め、人と人とがどう繋がってどう支えるのか、地域の連携や、共生社会などの議論をする中で、「世の中が変わった」という言い方ではなく、「世の中が進化している」というように受け止めたいと思いました。

 新聞を読むと、進化や革新、イノベーションといった言葉をよく見かけます。私たちがまだ経験したことのない、人工知能やAIといった単語がこの言葉には続きます。モデルの無い時代が今来ているということです。市役所の仕事も昨年と今年、今年と来年ではやり方が変わってきています。こういったモデルが無い時代に対し、どういった準備をしなければならないのか考えていかなければなりません。このことについての議論を是非職場でしてほしいと思います。

 10月31日には、米原市自治基本条例推進委員会から提案書をいただきました。この提案書は「まだまだ抽象的なもの」と話されていましたが、私にとっては核心をついた極めて重大な提案だと思います。これは市民が主体となってまちづくりを進められる拠点機能を米原市に作りましょうという提案です。目指すべき活動拠点として「まいCOM」という仮称がつけられています。「まい」には私や自分、みんな、そして米原という意味がこめられ、「COM」はコミュニケーションや仲間という意味があるそうです。いずれにしましても、これは担当部署を含め、みなさんの職場の中でいろいろな議論をお願いすることになると思います。従来からお話していますが、議会と市役所だけでまちづくりはできません。市民のみなさんとどういう関係ができるか、どう協働できるか、動きながら答えを見つけてほしいと思います。

 最後になりますが、近畿、関東地方には木枯らし1号が吹いたと発表されています。随分気温も下がってまいりました。基本中の基本はやっぱり健康です。職員一丸となって市政を進めていただくためには、寒さ対策、とりわけインフルエンザ等につきましては万全を期していただき、大事な11月という時期を共に汗をかきたいと思います。よろしくお願いします。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、下欄の「お問合せフォーム」から直接担当部署に投稿してください。(こちらではお受けできません)。

お問合せ

滋賀県米原市役所米原庁舎政策推進部広報秘書課(秘書)

電話: 0749-52-6625 ファックス: 0749-52-5195

お問合せフォーム