ページの先頭です

米原市特産品紹介

[2012年12月10日]

米原市内の特産品をご紹介します。

赤かぶ

赤かぶ

従来より米原市の農家が自家播種により大切に守り続けてきた赤かぶは、伝統野菜として親しまれ、現在に受け継がれています。昔からの特徴をそのままに、歴史のある赤かぶらです。かぶの中身・茎・ともに赤く、漬物にすると色鮮やかに染まり、歯ごたえが楽しめます。甘酢に漬け込むとサラダ感覚で食べられます。できるだけ、農薬の散布回数を減らし、連作の回避・もみがら堆肥の投入・米ぬか葉面散布による害虫防除を取り入れ、環境に配慮して栽培しています。

金太郎まくわ

金太郎まくわ

金太郎まくわは、独特の芳香と爽やかな甘味、さくさくとした食感が特徴的なウリ科の果実で、市内の農家が特産品にしようと10年以上前から栽培されてきました。まくわと欧州系メロンの交配種であるプリンスメロンなどに押されて生産量は減りましたが、近年、その懐かしい素朴な味と、果皮の黄色の鮮やかさが見直されてきています。まくわはお盆のお供え物として重宝されており、その時期を中心とした市場出荷と直売所での販売が行われています。収穫時期になると、地域の直売所はまくわによって黄色く彩られ、直売所を鮮やかに演出し、観光客に好評を博しています。

伊吹大根

伊吹大根

独特の辛味が特徴の伊吹大根は、地元では「けっからし大根」「峠大根」と呼ばれ、保存すると辛味が抜けていくため、漬物で利用されていたそうです。伊吹大根の歴史は古く、本朝文選の十巻には、当時よりお墨付きの名物とされていたことがうかがえる一文が記載されています。

あまんぼう

あまんぼう

「伝統の干し柿を後世に伝えよう」と、米原市日光寺地区で特産品の干し柿「あまんぼう」作りが続けられています。1995年に設立した有志グループ「サン・ワークス」が活動の中心となっており、作業ともなると公民館に地元の人たちも約30人集まり、約1万個の柿の皮むき作業に精を出します。「あまんぼう作りを通して老若男女がひとつになれ、地域の大きなきずなとなります。あまんぼうは、日当たりが良く、冷たく乾燥した風が吹く土地柄を利用した特産物で、明治初期ごろから作られはじめ、京阪神方面や東京にも出荷されていたといいます。あまんぼう復活をまちづくり活動につなげようと地域ぐるみでの取り組みがスタートしています。

みょうが

みょうが

標高550メートルの甲津原地区は夏でも涼しく、暑さに弱いミョウガの栽培に適しています。土壌の水はけも良く、根腐れの心配もなく、化学肥料や除草剤を使わず、ミョウガを育ててきました。自然の力を生かした工夫もあり、畑の周辺に生えているススキなどの雑草を集め、畑に敷き詰めています。食用にするつぼみの部分は、日光に当たると色が悪くなり味も落ちてしまうので、直射日光を避けています。こうして、ふっくらと実の詰まった、色鮮やかな甲津原のミョウガは作られています。

切花

アスターの切り花

小菊やアスター、トルコギキョウといった切花のほかに、伊吹山でおなじみのアスチルベ(シモツケソウ)やワレモコウ、リンドウといった地域のイメージの強い、おもしろい切花も直売所にならびます。このあたりの気候は伊吹山や霊山の自然の恵みを受け、花色は色鮮やかに品質も良くなります。四季折々の切花をお楽しみください。

平核無(ひらたねなし)柿

平核無(ひらたねなし)柿

米原市では、果樹組合により「平核無柿」が生産されており、滋賀県でも有数の産地です。「平核無柿」は渋柿で、収穫直後は食べることができませんが、渋抜きをするととても甘くておいしい柿に変身します。また、柿の収穫オーナー制も実施しています。

伊吹そば

伊吹そば

日本そば栽培の発祥の地「伊吹」でとれたそば粉を使い、添加物は一切使用せず伊吹山麓の霊水を利用した、本格そばです。伊吹そばの風味を伊吹大根のおろしが独特の辛味で引き立てます。

■お問合せ (有)伊吹そば
■住所 米原市伊吹516
■電話 0749-58-1712
■URL http://www.ibukisoba.co.jp/

もぐさ

もぐさ

伊吹山麓の蓬を原料とするお灸「もぐさ」は今も「伊吹もぐさ」として全国に名を馳せ、もぐさ商も健在です。もぐさは蓬の葉の裏にある産毛のようなベージュの毛を集めたものですが、製造過程で粉末状になる葉の部分も優れた効能を持っています。

近江真綿

蚕の繭の選別作業

近江真綿は江戸時代中期以降、諸大名が養蚕を奨励したこともあり延享年間、住民が東北地方から木綿布の漂白技術を習得して帰り、さらに信濃地方より真綿作り習い、工夫と苦心の末、これを広めたといわれ、250年の歴史をもっています。その真綿で作るふとんは、「手引き」とよばれる作業を千回近く繰り返して作ります。この気の遠くなるような作業から、最高の風合いが生まれます。
現在、米原市の多和田や岩脇で生産されています。

薬草入浴剤

薬草の入浴剤

今から400年余年程以前、織田信長はポルトガルの宣教師に命じ、伊吹山に薬草園を造らせたといわれています。事実、伊吹山にはヨーロッパ原産の「キバナノレンリソウ」「イブキノエンドウ」が自生し、薬草の宝庫として知られています。薬草湯は、由緒あるこの土地に伝わった山の恵みです。

伊吹牛乳

伊吹牛乳

伊吹牛乳は薬草の宝庫伊吹山の山麓をはじめ、滋賀県産の新鮮な牛乳を使用し、安全、安心、新鮮をモットーに生産しています。搾りたての生乳を成分無調整で殺菌した昔ながらの天然牛乳です。脂肪率が3.6と高いので、ほのかな甘みとまろやかなコクが評判です。また、新鮮な伊吹牛乳をたっぷりと使った手作りアイスやジェラードも人気があります。



■お問合せ (有)ミルクファーム伊吹
■住所 米原市伊吹80
■電話 0749-58-0049
■URL http://www.biwa.ne.jp/~mk-ibuki/

伊吹ハム

伊吹ハム

素材の選び方、安全性、大量生産では出せない味づくり。これらを原点に、店主が作り上げた「伊吹ハム」。新鮮であるのはもちろん、ハムの原料として適したものだけを厳選して使用しています。伊吹のハーブ「ジャコウソウ」入りのウインナーも好評。広域農道沿いの店頭では、フランクフルトやスペアリブの焼きたてが味わえ、人気を集めています。



■お問合せ (有)伊吹ハム
■住所 米原市上野86-3
■電話 0749-58-1120

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

(注意)お答えが必要なお問合せは、下欄の「お問合せフォーム」から直接担当部署に投稿してください。(こちらではお受けできません)。

お問合せ

滋賀県米原市役所伊吹庁舎経済環境部商工観光課

電話: 0749-58-2227 ファックス: 0749-58-1197

お問合せフォーム